さまざまある老人ホーム

老人ホームとは高齢者が入居する施設のことで、ただ老人ホームといってもさまざまな種類のホームがあります。

自立できている人が入居する健康型有料老人ホームは高齢者が毎日楽しく充実した生活を送るのを目的とした施設です。

ホームの費用は入居時に支払う入居の一時金と毎月の家賃がかかります。

家賃には管理費や食費・光熱費などが含まれています。
有料ホームでは医療行為は行わないですが、緊急時には協力医療機関があるのですぐに対応はできます。あと介護付き有料老人ホームがあります。
このホームは介護な必要な人が対象となります。

食事の介助や入浴、排泄介助などの介護サービスや掃除・洗濯などの日常生活の支援や健康相談などを行います。



このようなホームは運営基準などさまざまな条件があり、都道府県の指定を受けたホームのみが行うことができます。


施設の介護保険料は1割が自己負担となります。

安心、信頼のOKWaveの人気を今すぐチェックしよう。

介護サービスは24時間体制で介護スタッフが行い、また医療機関との連携により緊急時の処置もしていきます。
基本的なホームは以上となっており、同じ介護でも認知症専用のホームいわゆるグループホームもありますし、環境上の理由や経済的理由により自宅での生活が困難な場合に入居することができる養護老人ホームもあります。

お手軽の介護付き有料老人ホームの情報がてんこ盛りのサイトです。

このようにさまざまなホームがあるので、もし入居を考えている場合自分の健康状態や施設を見学したりしてどのようなホームに入居したいのか決めていくといいです。